前へ
次へ

病院経営者と医療現場の実態について

少子高齢化が叫ばれる昨今、医療サービスについても求められる事案が多様化しています。
例えば、診察待ち時間の短縮など医療行為そのものとは異なるサービスについても求められています。
そのような中で病院経営者と従事者はどんな実態にさらされているかICTの観点から述べていきます。
病院のICTと言えば電子カルテシステムが該当し、システムメーカーはシステムを導入することにより、作業効率化ができるとうたっています。
確かに電子カルテシステムを導入することにより紙カルテではなくなるため、データという形式で情報を保管できます。
また記載についても手書きと比べ効率的に記載が可能です。
その上、保管したデータを利活用できるメリットもあります。
しかし、データ管理や利活用を行うのも病院経営者や従事者となります。
その結果、本来の業務だけではなくシステムに関する業務も増えるため、負荷が高くなっているという実態があります。
システム導入にあたりコストが発生する中、業務効率化を行い、病院収益の確保を図る必要がある中、病院経営者や従事者にかかる負担が大きくなっているという矛盾について考えていく必要があると思います。

Page Top