前へ
次へ

肝炎を発症した時の医療機関へのかかり方

痛みが生じることで痛みが発生するときもあれば、何の症状も感じることなく静かに症状が悪化していくこともあります。
内臓に関しては痛みが出ない臓器もあり、体調が悪くなったときには既にかなり進行しているときもあるので注意が必要です。
肝臓も病気になっても痛みなどが出にくく、健康診断などで肝機能が低下している値が出るのを見て病気と気がつくときがあります。
肝臓の病気の中でも初期のものとして肝炎があり、日本人はA型、B型、C型に感染することが多くなります。
肝炎は肝臓がウィルスに感染することで発症し、食事が原因であったり性交渉が原因になるとき、輸血が原因になるときもあります。
まず医療機関で何型かが調べられ、それぞれの型に応じた治療が行われます。
C型は症状としては軽いものの放置しておくと治りにくくなるので早めに医療機関で治療する方が良いでしょう。
A型やB型は劇症化するときがあるのでこちらも適切な治療を受ける必要があります。

Page Top